FC2ブログ

白椿山

181124-001.jpg
荒木新保町付近から眺める白椿山
(雲の下あたりにポコンと突き出ているピークがそうだと思うのだが…)


11月24日、土曜日。
林道美山線を利用し、白椿山(720m)と一乗山(740m)に行ってみようと出かけた。

この二つの山は頂上近くまで林道が通っているらしく、車を利用し、楽チン&時間節約ハイキングを目論んでいたのだが…
美山町の三万谷付近にある美山林道起点に到着してみるとあいにくの工事中通行止めの看板。

どうしたものかと考えたが、たしか福井市浄教寺町の一乗滝方面からも別の林道が通じていたはずなので、
そちらから回ってみようと思い、車を走らせた。






181124-002.jpg
おなじみ一乗滝。

とりあえず、これだけは見ておかねばなるまい。
ずいぶんとご無沙汰。


181124-003.jpg

通称「物干し竿」を構える剣豪「佐々木小次郎」の像と一乗滝。


181124-004.jpg

「林道藤懸線」の入り口に着いたが、手前のほうに「この先行き止まり」との看板が…
上と下、二つの道があるようなのだがどちらが「行き止まり」なのか判断に苦しむ。

もう面倒なので歩いて行くことにした。

AM11:00になってしまっていたので2時間ひたすら藤懸林道を歩き、PM1:00になった時点で引き返すことにする。
午後3時には下山したい。帰り道、薄暗い林道を歩くのは勘弁だしね。

無理に車で登っても通行可能という保証もない。


181124-005.jpg

というわけで車で楽々ハイキングのつもりが、林道がっつりハイキングとなったのであった。

道には落石。
どかしておこうかとも思ったが、結構重く、体力温存のためそのままにしておいた。


181124-006.jpg
右手に堰堤。

181124-007.jpg

熊棚だろうか。

木々がかなり落葉しているので対岸の山肌の見通しが若干良くなっていた。
野生動物が歩いているのが見えないか注意して歩いたが、何も見つけられなかった。

鉢合わせ、接近遭遇は絶対に避けたいところだが、対岸の斜面を歩いている分にはOKだ。


181124-008.jpg

ひたすら歩く。
林道なので傾斜が緩く、ウォーキング感覚で歩ける。

1時までに白椿山まで行けるだろうか。


181124-009.jpg
忘れ物ですよ。

181124-010.jpg
「ムラサキシキブの実」でしょうか。

181124-011.jpg

こんなところに柿の木が。
おいしそうだが急な斜面の途中に生えているため、取りに行くのは無理。
動物が食べに来るかもしれない。


181124-012.jpg
多分あれが白椿山だろう。

直線距離だと近いが、林道はぐるっと巻いており、かなり遠回りになようだ。


181124-013.jpg
PM12:20

かなり歩いて、やっと林道美山線に合流。
ここで藤懸林道は終了。

藤懸林道を普通車で走ってくるのはかなり冒険という印象。
(少なくとも私は避けたい。)
ジムニーや軽トラなら大丈夫だろう。


181124-014.jpg
分岐を右に登って行く。

こちらは普通車でも大丈夫ではないだろうか。


181124-016.jpg

林道を歩いて行くと福井市街地方面の展望が開けた。

足羽山が見える。
特徴のある高須山は低い山だが、どこから見ても存在感がある。


181124-017.jpg

さらに行くと日野山らしきも見えてきた。


181124-018.jpg

分岐からかなり歩いても登山口の案内に着かない。
白椿山のピークもすでに通り過ぎており、道を間違えたのではと不安になる。

タイムリミットのPM1:00にも近づいている。


181124-019.jpg
PM12:50

引き換えそうかと思っていたら、登山口の案内板があった。
ここまで来たら山頂まで行かねばなるまい。


181124-020.jpg

案内に従い草生した林道跡のような道を登って行く。
山頂には方向的にはかなり戻っていくことになるようだ。


181124-021.jpg

水たまりかヌタ場か。


181124-022.jpg

あと15分の案内板がある。


181124-023.jpg

本日はじめて登山道っぽい道が現れる。
傾斜は急でロープもつけてある。
しかし15分と表示されていたが大体5分ほどの道だった。


181124-024.jpg
PM1:00
図らずもちょうど1時に山頂に到着。

切り開きはわずかで回りは林に囲まれていて展望はほとんどない。
(下調べして知ってはいたが)

自然状態の姿がイメージ出来て、こういう山頂も悪くない。
低山の山頂とは本来は林の中だろう。

朝食抜きで来たので狼のように腹が減っていた。
おにぎり二個をがつつき、ペットボトルのお茶を一気飲み。



181124-025.jpg

落葉した梢の間から小さく冠山が見えた。
しばらくの間、林間の静寂を楽しんでから下山します。

181124-026.jpg
あとは来た道を戻るのみ。

この先さらに一乗山(一等・星峠)を拝んできたかったのだが時間的に厳しい。
これは次回のお楽しみ。


181124-027.jpg

文珠山でしょうか…


181124-028.jpg

オフロードバイクとすれ違う。


181124-029.jpg
一乗谷川。

下流に養魚場があるので放流ニジマスが釣れるかもしれない。


181124-030.jpg
PM2:50

下山。
トイレの横に駐車してあった。
来たときは駐車場が一杯だったので。



181124-log2.jpg


181124log.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

asagy

Author:asagy
50代。男性。福井県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR