FC2ブログ

赤兎山

180715-000.jpg
赤池湿原と赤兎平の避難小屋

7月15日(日)

7月は何かと行事など忙しい時期。
貴重な休みにクーラーの効いた部屋でゴロゴロしているとあっという間に季節は過ぎ去っていってしまう。

というわけでクソ暑いが、赤兎山(1628m)までハイキングに行ってきました。

登山口ですでに標高1000m以上あり、標高差は500mほどなので大丈夫だろうと思ったが、暑さと前日の飲み会による寝不足でなかなかしんどいハイキングであった。

勝山市内から国道157号線を石川県白山市方面に走り、小原の集落で右折。集落を抜けたあたりにあるゲートで通行料300円をはらって、そのまま林道を10kmほど走ると登山口駐車場に至る。






180715-001.jpg

AM9:10

赤兎山と大長山の登山口。
登山口は同じだが、上の小原峠に分岐点がある。



180715-002.jpg

ブナ林の中を行く。
比較的緩やかな登山道が続く。

木陰になっているところは、やはり涼しい。
平地ではこの日気温が37度あったそうだ。

写真に撮り忘れたのだが、途中三か所ほど沢を横切る地点があり、冷たい水に触れることができる。


180715-003.jpg
AM9:50

小原峠に到着。なかなか味のある案内板。

とりあえず休憩し、私は最初のニコチン補給。

大長山は左に、赤兎山は右に進む。



180715-004.jpg

小原峠から先は、やや急登な道になる。
暑さもあり、汗が滝のように滴り落ちる。


180715-005.jpg

途中、小さな池を通過。オタマジャクシが沢山いた。
モリアオガエルの子供だろう。


180715-006.jpg

しばらく進むと、いつの間にか展望が開け、木立の向こうに大長山がその姿を現していた。


180715-007.jpg

急登が続く。
とは言っても家族連れで歩いている人も多く、中には赤ん坊を背負って歩いている人も見かけられた。

私は暑さと寝不足でバテ気味…


180715-008.jpg

頂上か?と思ったらまだ大舟分岐であった。
標柱だけを撮りたかったのだが、隣のお姉ちゃんがなかなかどいてくれず、しかたなくそのまま撮影。

大舟山方面への道はどうなっているのか少し見てみたが、藪々で、私などが進めば多分遭難するであろう。


180715-009.jpg

今度こそ頂上の予感。


180715-010.jpg
AM10:40

赤兎山(1628m)頂上到着。


180715-011.jpg
三等・赤鬼山。
山名は「赤兎山」なのに三角点名は「赤鬼山」…

ゆっくりと水分とニコチンを摂取したら、本日の目的地、赤兎平へ。



180715-012.jpg
出た!

写真でしか見たことがない風景が、現実に目の前に現れて感激する。


180715-013.jpg

向こうに避難小屋とそれに続く道が見える。

ここから先、杉峠、三の峰、別山をへて白山まで道は続いている。


180715-014.jpg

クソ暑くなければ天国のような風景。
(言い過ぎか?)

180715-015.jpg
黄色い百合。
(多分ニッコウキスゲとかいう花)

180715-016.jpg

こちらはササユリ?


180715-017.jpg
赤池湿原。


180715-018.jpg
AM11:20
赤兎山避難小屋に到着。
ここで食事休憩。ハイカーが多く、場所取りに苦労する。

ふもとのコンビニに寄って食料調達してきたが、おにぎりは全て完売。
しかたなくキムチ納豆なる手巻き寿司を購入したのだがこれが大外れであった。


180715-019.jpg


ゆっくり白山を眺めたら下山しましょう。

アキアカネの避暑地になっているようだ。秋になったら平地に降りてゆくのだろう。


180715-020.jpg

赤兎山山頂に登り返す。


180715-021.jpg

再び赤兎山山頂。

後は下ってゆくだけ。


180715-022.jpg

下りはゆっくり景色も眺められる。


180715-023.jpg

結構大きなブナもある。


180715-024.jpg

小原峠まで降りてきました。


180715-025.jpg
PM1:50

下山。
車内は灼熱。

これからしばらくは、標高の低い山は過酷やろな。


20180715-log.jpg

スポンサーサイト



テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

asagy

Author:asagy
50代。男性。福井県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR