FC2ブログ

富士写ケ岳

180526-001.jpg

5月26日(土)

当日は、午後からと、さらに夜にも用事があったが、前日にM君から午前中だけでもハイキングに行こう、というお誘いがあり、「ハードやな…」とは思ったが、午後1時までに帰宅する、という計画で行ってきました。

行先は自宅から登山口が近い、ということで前回登った火燈山・小倉谷山の隣の「富士写ケ岳」(940m)にしました。

往復4時間とすれば8時に登りだせばお昼には下山できる計算です。
180526-002.jpg

AM7:20、富士写ケ岳大内コース登山口。


180526-003.jpg

ギョリンソウというやつでしょうか。
初めてお目にかかりました。

180526-004.jpg

いきなり急登です。

180526-005.jpg

どこまでも急登です。
滑りやすい道で帰りはコケそう。


180526-006.jpg

汗をかきながら、ただ黙々と上昇していると展望が開けてきた。

180526-007.jpg

いつもまにか周りの木々の背丈が低くなっている。


180526-008.jpg

ツツジのような花。

180526-009.jpg

もう山頂は見えている。

M君は今日は体調が悪そうだ。


180526-010.jpg

最後の急登地点。

体調の悪そうなM君をよそにラストスパート。


180526-011.jpg

山頂に到着。
AM9:15

ちょうど我谷コースからの登山者が登ってきた。


180526-012.jpg

一等三角点・富士写ケ岳。


180526-013.jpg

日本百名山著者・深田久弥さんの記念碑。


180526-014.jpg

白山。

ゆっくりもしていられないので、そそくさとおにぎりで昼食。

M君は本当に体調が悪そうだ。
頭痛を訴えており、ベンチに横たわって休んでいる。

180526-015.jpg

M君の回復を待って下山開始。

私の住む町が見える。
向こうからもこの山はよく見える。

下界を見下ろしながら急降下。



180526-016.jpg
動物の食痕か?
黒い奴?


180526-017.jpg
体調の悪い中、下降中のM君。

180526-018.jpg

沢に小さな滝があったので寄り道。

180526-019.jpg
登山口近くの沢にて。
イワナが生息しているか気になる。

AM11:10下山。思ったよりも早く下山できた。


しかし下山後、M君が盛大に嘔吐…大丈夫なのか…

心配だったので夜に電話してみたら元気そうだったのでとりあえず一安心。
これからは体調の悪いときは無理せず、山行を中止しなければ…








スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

asagy

Author:asagy
50代。男性。福井県在住。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR